不良対策状況診断

まず、お客様の不良に対するマネジメントレベルを診断します。

 

具体的には、

 @不良実績の把握レベル

 A発生不良の事後分析レベル

 B事後分析結果の周知徹底レベル

 C事後分析結果の事前予測への活用レベル

の4つの視点で分析します。

 

診断は、1か月程度の時間を必要とします。

 定性データ:経営者の方や現場責任者への面談、現場見学、従業員意識調査

 定量データ:不良実績(数・金額)、財務資料

などの確認を実施します。

 

最終的には、問題点・課題点をまとめ、改善に向けた方向性を報告書として提出します。

 


→不良削減サービスの料金体系はこちらから

  

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

→フォームでのお問い合わせはこちらから